2014年12月13日

ヤッコソウ

室戸ジオパークインフォメーションセンターの金井です。
本日の勉強会は、最御崎寺に生息しているヤッコソウの見学に行ってきました(^O^)/
2014_1213_112830-DSCN2630.JPG
このヤッコソウ、11月くらいから見かけています。
説明看板を見ると、ツブラジイやスダジイの地表近くの根に寄生し、牧野富太郎博士が命名した植物で、
高知県の天然記念物に指定されているとの事でした。
2014_1213_113018-DSCN2634.JPG2014_1213_113028-DSCN2635.JPG
更に目を引いたのは、キバナアマ(インド原産)です。
2014_1213_112540-DSCN2627.JPG
私たちがガイドをする室戸岬海岸では見かけませんが、最御崎寺に上がるとたくさん群生しています。
この花も11月くらいから見かけていますね。

いつ来てもお寺の空気は凛として、背筋が伸びるような感覚があります。
2014_1213_113546-DSCN2638.JPG2014_1213_113950-DSCN2644.JPG
同じ自然の中でも、海岸とはちがう景色や佇まい空気を感じる魅力のあるサイトです。
まだ行った事がない方は、是非お越しくださいませ(^v^)



posted by ジオ案内びと at 16:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: